税理士の視点 ~ハマちゃんのミカタ~

事業承継について

2017-09-09 (土)

今年に入り、当方クライアントにおいて社長交代の事業承継が連続しています。

社長70歳が区切りと言ってもよいでしょうか。

息子さんにまたは長年下で働いてきた社員さんへと継承されています。

事業承継は、役員変更登記を行い各役所への届け出で完了しますが、その他に

前社長の退職金や株の贈与等事業承継以外に考えなければならないことが発生します。

役員退職金ですが、ここで活躍するのが役員保険です。

役員になったときから長年掛け続けている場合、月々の掛金によりますが、

44歳で社長になった方は26年ほど掛けていることになりますので解約すると

結構な金額になります。44歳とは・・男性の方は後厄を抜けた年に社長就任と

いうことでしょうか。

もちろん、保険解約となればそれが掛けていた時は経費となっているので入金時点

では、経費の割合が収入としてプラス計上されてきます。

そう、皆さんがご理解いただいているようにここで、退職金として経費計上をして

その解約分の収入をプラスマイナスゼロかもしくはこの機会にマイナスをだすことも

可能となるのです。社長の長年の功績に対してまとまった金額の退職金の支給をすること

は本人にとっては一つの達成感であり、会社にとっては会社継続への感謝のしるしであり、

そして前社長家族にとっては今後の生活を安心して過ごせる糧となるものであります。

退職金で、海外でゆったり過ごすかまたは日本の温泉巡りへと出かけてのんびりするか。

しかし、退任された社長さんたちが一様におっしゃることは、まだまだ全てを任せるには

ちょっと早いし無理、無理。退職日としている翌日もいつも通り会社に出勤されてる中小

企業の前社長様たちです。

PC休養日

2017-08-15 (火)

夏になるとなぜか体重が落ちます。

食欲減退というかあっさりしたものですませてしまうという日々が

数日続くとたちまち減量してしまいます。

熱中症にもかかりやすくなりますし、夏によく頭痛に悩まされます。

暑いことと頭痛は無関係ではあるのですが、いつも夏に発症するので

おそらく体力が弱っているときにおこりやすいのかもしれません。

頭痛が1日続くので、脳外科で診察してもらったことがあるのですが

レントゲンの結果、キレイな脳ですと医者様に言われ安心しました。

また、知人の医者様にも脳神経がやられていたらまともに話ができな

くなるし、起き上がれないし、歩行困難になるし、発熱もするし、、

そんな症状一切ない頭痛はパソコンの操作過剰で神経が高ぶってしまって

るんじゃないの~?と軽く言われました。

確かに3時間くらいぶっ通しでパソコン入力に没頭していることも時々

あります。それを連日続けると脳神経が常に緊張した状態になっている

のかもしれません。

その状態でなおかつ体力減退となればもう片頭痛極まりない。

私たちにとってパソコンはなくては生きていけないものとなっています。

特に私たちの仕事はパソコンがすべてと言っても過言ではありません。

そう、すべての書類はパソコンを使用して作成しています。

今後も益々パソコンに頼る社会となっていくことでしょう。

人間の身体もそれに合わせて疲れないような工夫をしていかなければ

なりません。

脳に異常がなくても頭痛という何らかの異常を発症しているわけで

パソコンからの完全脱却の日を設けなければならないかもしれません。

そう、このようなお話を深夜2時にに黙々と綴っている私はすでに

パソコンと親友というか中毒と化しているのかもしれません。

みなさんは頭痛を発症していませんか??

明日はパソコン休養日にしよう。そして、しっかり食べよう。

大学講師生活完遂

2017-07-30 (日)

昨日で大学での講義がワンクール完了しました。

この4月から縁あって京都のとある大学に講師として参上しておりました。

本業の合間にちょこっとという感じでと考えていましたが、本気で勉強し

真面目にレジュメや練習問題を考えていたら知らぬ間に朝になっていた

こともありました。

この講義参加の学生、どう感じているかがわからぬまま4ヶ月...

自分としてはガッツリ&みっちり学生に叩き込んだつもりです。

それを面倒だ厄介だと感じた学生諸君は多々いただろうけど自信をもって

いいます。"真面目に取り組んだ学生の将来は明るい" それほど実務に

則した講義を展開したつもりです。

私としては改めて私の本業に対する正確かつ積極的な理論に厚みができて本当

に良い勉強をせていただきました。

ということで、若い学生との初戦にピリオド。

女性税理士事情

2017-06-18 (日)

今日は久しぶりに仕事ではなく友人に会うために京都に

行ってまいりました。

毎週京都には行っていますがすべて仕事で行くのでプライベート

で行くのは滅多にないことです。

たまに食事会や飲み会で京都に行きますがやはりそれも仕事の話

になります。

日曜日の京都はやはりやたらと人が多いですね!

祇園花見小路は相変わらずのワールドシリーズです。

昔パフェを目当てに足を運んでいたお茶の有名店の喫茶室もいまや

ワールド観光客に占領されています。

今日のランチは2回目の花見小路を逸れたイタリアン。

町屋風の外観が好きなのですが食事はTHIS IS ITALIAN 

で創作ってないところが私は好きです。

オリーブオイルを使った前菜と正統派ピッツア、メインはトマトソース

またはオリーブオイルとニンニクを使ったシンプルパスタ。

ケーキにコーヒーまたは紅茶。

丁度いい加減です。

今日は予約を入れていったのでソファ席で静かな場所に案内してもらって

気が付けば3時間半も友人と話をしていました。

プライベートでこんなに話し込むことも滅多にありません。

その友人とは同じ専門学校で勉強し一緒に税理士試験に合格しました。

京都在住で私とは離れた地域で仕事をしていますが、勤務税理士という

立場となっています。

女性税理士でも子供がいればやはり子供中心に自分の仕事をセーブしな

ければなりません。今、彼女もその時間のやりくりに奮闘しています。

税理士業は責任の重い仕事です。クライアントの経営の一端を担っている

わけですから、ハイここまでで話は終わりにして家帰りますね..。という

わけにはいきません。私も22時23時になることはざらにあり独立して

からは自分の時間があってないような生活を送ってきました。

となれば、ママさん税理士はやはり勤務して最終責任は負えない立場と

ならざるを得ません。しかし、女性税理士でも優秀な人はたくさんいて

ホントはもっともっと活躍してほしい気持ちでいっぱいです。

子供を一番に考えることは母としては当然のことです。

でもここを何とかクリアして社会貢献してもらえないのかともどかしさ

を感じます。

本来、その友人は私よりも優秀でバリバリ仕事をして多くの中小企業の

未来を明るくすべき人なのに日本社会の縮図がまだまだここに問題が

あるような気がしてなりません。

以上のようなモヤモヤ感はありますが、とにかく・・・

当事務所は女性チームでがんばります。

クライアントの皆様! 応援よろしくお願いします☆

窮すれば通ず

2017-05-27 (土)

5月は連休があるため平日が3日つぶれます。

連休中は従業員さんたちはもちろん休んでいますが私は毎年仕事を

しています。勤務時代からゴールデンウィークに遊びに行くことは

なくなりました。3月決算5月提出の法人が年間で一番多くこの

タイミングでチェックを入れておく必要がありますし、ある程度の

数字を把握して税金の概算を見積もっておかなければなりません。

また、この時期に自分の普段読みきれていない書籍を読んだり冊子

を整理して一日過ごします。

今期は結構利益を上げ、大きな税額を出してくる会社が多かったと

いうのが最終的な感想です。少しでも景気が良い波が沸き立ってい

るのでしょうか。

それだけにいつもより税金が大きくなると社長さんの気分も穏やか

ではなく「エッなんでや!」になるのです。売上あがってますし..

経費使ってませんし..。役員保険加入嫌がったし..。期首に役員報酬

増額しときましょ ってお話したら社会保険上がるし所得税も市民税も

上がるからいややっておっしゃったし..。税金で払うのいやだったら

税理士の決算報酬増額してくださいって言ったらそれは話が別やって

わけのわからんこと言われるし..。

こういうときは 話になりません。何を言っても税金高いがインプット

されているわけですから、税金が下がらないと納得されないのです。

しかし..私たちは真摯に経理事務を行い、早い目に対策を考えそれを

お話しているわけで、自信をもって仕事を全うしています。

それに対応しなかった社長責任はどうなんだと追及したい思いです。

私はいつもこの言葉を胸に仕事をしています。

「窮すれば通ず」

精神さえしっかりしていれば必ず運命は開ける。

すべては、志をたてること、精神的に豊かな人物であること。

今は苦しいかもしれないけれど長期的な目で見て誠実に取り組んでいけ

ば答えはでるでしょう。そしてやがて道は開けるでしょう。

今後この社長と長いお付き合いをすべきかどうかは思案中です。

お互いにストレスなく仕事をしていけるのは信頼関係の構築がまずは

一番という結論です。

気が付けば4月末でした

2017-04-28 (金)

3月15日で個人の確定申告が終わり3月末の法人の申告を

無事終えた後、4月は比較的早い時間に帰宅しております。

今月は必要に迫られ改めて会計学を勉強することとなり基本テキスト

を読み込みながら原点回帰の日々を過ごしております。

税理士業務に携わっていると当然のように仕訳を入力し、

当然のように財務諸表を作成しています。それが、どういった

意味をなしているかなどと一つ一つ確認作業はしません。

確認せずとも身についているから仕事中に会計学を引っ張り出して

理論を述べることはどこの税理士もしてません。

しかし、今更ながらひたすら会計学のスタンダードテキストを

毎日読んでいるといろんなものが見えてきます。

従業員に対してもきっちりと説明できますしこれがどういう理由

でこうしいるかなど明確にすることができます。

税法の研修会はあっても会計学の研修会まして基礎編なんてなかなか

ないもので、あったとしても参加してなかったでしょう。

「財務会計」第13版 ・・・ 勉強させていただいています!

という他愛もない何も話題のない4月でした…。

税理士の先輩

2017-03-25 (土)

所属している税理士会の枚方支部では広報委員会という役割に

携わっています。

独立して枚方支部に所属した年から広報委員をしていて広報

活動に参加しています。

例えば、広報誌を作成したり税理士の名簿を作成したりするのが

主な役割です。

当初は何をすればよいかわからずに先輩諸氏にレクチャーを受け

ながらその通りに作業することに徹していました。

メンバーは男性税理士、女性税理士合わせて7名だったと思います。

その時、広報委員会のボスをしていた先輩税理士には税理士の仕事

についての様々な体験談や意見をお伺いしたことを覚えています。

すでに大きな事務所を構えておられ従業員も数名雇用されておられ

ましたが、家族がすでにいたにもかかわらずサラリーマンから転職

した不安だった話。クライアントとどう向き合ってきたかという

先生のポリシー。面倒見のいいボス先生はこちらの質問に面倒がらずに

丁寧に答えてくださいました。そういう姿勢がクライアントさんたちに

信用を得ているミソなのかなぁと感じたものでした。

あれから13年を経て現在私は広報委員会で先輩税理士と同じ立場と

なっています。

あの頃の先輩税理士のように面倒見がいいとは言い難いですが

与えられた役割に対しては責任をもってやり遂げる。忙しいという理由を

言いわけにしない。というスタンスで粛々とこなしています。

13年前に教えを受けたことは今でも私の身についていることは確かです。

3月21日ご逝去されました。合掌。

確定申告はじまりました!

2017-02-04 (土)

転げ落ちるような1月が過ぎ、2月に投入いたしました。

いよいよ、1年で一番の税理士事務所の繁忙期を迎えます。

今年から申告書類にはマイナンバーの記載が義務付けられました。

それに伴い個人情報保護法の強化から税理士が代理で申告書類等を税務署の

窓口に提出する際には税理士証票のコピーを各書類に添付しなければなりません。

先日、30枚ほどの書類を税務署に代理で提出するのに私の証票を30枚添付

したのですが、チェックしている窓口の男性職員に完璧に私の個人情報を覚えら

たことに何かしら腑に落ちない気分で帰路につきました。

証票には私の個人情報が満載で顔写真も載っている。一職員に何故チェックされ

ねばならないのだろう? くぅ~(涙)国の決まりだから仕方ありませんね。

この書類だけはクライアントのために窓口提出をしてきましたが、来年はすべて

電子申告をいたしますのでご了承ください。

平成28年分の確定申告では改正点もあります。事業所得、不動産所得の方は建物付属設備

と構築物の減価償却方法が変更になったり個人の確定申告期に財産債務調書(所得が2千万

円を超え、財産を3億以上持つ方)を提出することが義務付けられたりetc…

ふるさと納税ですが、昨年から5自治体以内の寄付については確定申告を選択しなくて

もよくなっておりますので注目事項です。

平成29年分はさらに医療費控除が選択制になったりと少々面倒なことが増えそうです。

クライアントの皆様、申告資料はお早い目にご持参くださいね!

2017年念頭ご挨拶

2017-01-04 (水)

あけましておめでとうございます。

本年も当事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

年が明けました。私にとっては3日前と何ら変わっていない2017年ですが!

しかし、新聞を読んでいると今年は様々な変化が起こりそうな気配があります。

最も大きな変化は、やはりトランプ氏のアメリカ大統領就任です。

今月20日いよいよトランプ政権が発足します。

世界が変わる。日本も変わる。あれだけ大騒ぎして我々税理士もアメリカ会計士

に参入されるのかと話題でもあり、また日本の農家はさらに廃業を強いられるのか

とまで言われ、独自防衛に頭を悩ませていたTPPが、トランプ氏によって取り

やめになろうとしています。おそらく日本も右になれとなるでしょう。

TPP問題に取り組んできた時間は何だった?? 

日本はアメリカの政治に左右される小さな国なのは否めません。

そして、防衛はどうなる?基地撤退?独自防衛?

上の方から何か飛んで来たりしたらどうしましょうか。Oh my god!!

ただ、変化によって景気が良くなればいいなとは思います。

トランプ氏は政治経験者ではないですが、おそらくブレインはエクセレントな

政治屋を配置しているに違いありません。そう、自分は政治家でなくてもよい

のです。周辺に知恵袋がいればOK。後はGOサインをだすのみです。

そして、日本の技術は益々拡大する予感です。

私はAIについては昨年から進歩が目覚ましくなると考えており、セミナーに

も参加してきましたが、その研究開発はおそらく今年は爆発的に伸長すると

考えております。

自動車業界は人が運転する時代は近い将来終焉する。AIが運転を代行する。

そんな開発がすでに進んでおり後10年くらいには実行されるだろうと言われ

ています。

そして、1日の日経新聞に掲載されていたIOTに関する記事ですが、米マイクロ

ソフトが研究開発している視覚障害者支援の仕組みには感動しました。

サングラスの横にカメラが付いていてそれをなぞると自分の目線で写っている状況

をクラウドに送信、直ちにクラウドが状況を音声で読み上げ人に判断能力を与える

という仕組み。

杖をついて歩いている道の状況を手探りで判断することは不要になるのです。

これは、一例で介護にかかるAIやIotはどんどん発展し進む日本の高齢化に

大いに役立っていくと考えられます。

10年後ここで書いていることを読み返したとき、まだ始まったばかりだったんだ

とおそらく驚き、その時代には当然が如く当たり前のようにAI、Iotを利用

していることになっているのでしょう。

さぁ、明日から私の仕事は始まります。今年は新しいことに挑戦してみたいです。

あっ間違っていました。

いつも行動しているので接している人にとってはあまり変化はないかもしれません!

2016年年末によせて

2016-12-29 (木)

本年も残すところあと2日。皆様の今年はいかがでしたでしょうか。

私の今年一年は、多くの人との出会いの一年でした。

一番は新しいクライアントとの出会い。ワクワクするようなこれからが

楽しみな事業主さん♪ 古くからのクライアントもそうなんですが、

本当にうちのクライアントさんはみんな誠実で、しかも楽しい一面も

厳しい一面も持ち合わせている経営者としてはいい感じの人が多く

税理士としてはやりがいを感じております。

次にクライアント以外の経営者の会での人との出会い。

中小企業同友会に参加し毎月1回会合に参加しています。

そこでは経営者としての立場でお話を聞くことができ、また話を聞いて

もらうことができ、日々、経営者としてどうあるべきかを模索していた

自分を見つめ直す良い機会を持つことができました。

独立開業してから13年間、経営者として、一人で悩み一人で決断し

一人で行動を起こしてきたように思います。そう、、、PDCAを

一人で実行していたのです。

そりゃ、仕事ばかりになってしまいますわな。

同友会に参加してからは、様々な経営者を傍観することができそこで

息抜きができるようになっています。

従業員問題でみんな頭を痛めているんや~

取引先とのトラブルで地獄を見たなんて普通にあるんや~

経営者としてうまくやっていけるか常に不安なんや~

そういった日常茶飯事の経営者としての苦悩を解決とはいかないまでも

苦悩を和らげるヒントであったり自社ではこういう取り組みをしている

というアドバイスであったりをもらえる場でもあります。

その出会いがあって自分自身も経営を人に相談できるようになりました。

そして最後の出会いですが、新しい従業員2名との出会いです。

昨年までは、私と従来からいる従業員2名とパート1名で仕事をしていました。

13年前は自宅で全く一人で仕事をしていたことを思うと13年うちに他人の

生活まで関わっていることに緊張感いっぱいできました。

しかし、日々従業員さんたちが成長するとともにその思いも和らいでいくのです。

権限移譲って素晴らしい。

今年は4年間我が事務所をサポートしてくれてきたパートさんがご主人の転勤で

遠方に行ってしまうことになり退職することに伴いメンバーを2名増員いたしました。

2名とも非常に頑張ってくれており来年の確定申告期を十分乗り切れる余力を感じ

ております。

事務所的にはパワーアップできたのではないかと自負しているところです。

クライアントの皆様どうぞご安心ください。私たちは一層の努力と気力と運気とを持って

皆様のお役に立てるべきPDCAを5人全員で回していきたいと考えております。

クライアントの皆様、今年もご愛顧いただきましてありがとうございました。

来年も相変わりませずどうぞよろしくお願いいたします。

そして、新たに機械システム、ソフト環境の整備を担当していただいているエプソン代理店の

皆様、今年は大いに活躍していただき助かりました。感謝しております。

また、従来からサポートしていただいている金融関係の営業マンいろいろ相談させていた

だき知恵をさずけていただき感謝しております。

そして最後になりましたが新メンバー2名を含むうちの従業員さんたちに感謝の意を表して

今年を終わりたいと思います。無事年を越せます。ありがとう。

では、皆様、良いお年をお迎えください。

 

アーカイブ