Home > アーカイブ > 2010-11

2010-11

*龍馬暗殺*

「龍馬伝」が完結いたしました。

初回からタイムリ-で見ていた連続番組は久しぶりです。

男性の友人に聞くと、中高生のときは「竜馬がゆく」や「坂の上の雲」

をバイブルのように何度も繰り返して読んで、少年よ大志をいだけ!状態

だったとか。そういえば、私の弟の本棚にもこれらの文庫本がズラ-と

きれいに並んでいたのを思い出しました。

男性諸君の憧れの人物、今になってはまってしまいました。

目の前のことにとらわれず、大局を見よ。

上下なし職種関係なしみんなが平等に笑って暮らしていける

日本を創るのじゃよ。

ほんとにそうですね。そうなれば幸せですね。

大局を見ながら進むべし。

しかしながら、日本は坂本龍馬といい中岡慎太郎、高杉晋作も

日本を大国に出来たはずの人物をことごとく若くして失ってしまった

のは残念なことですね…。

税理士ハマちゃんのピアノ入門編

事務所にピアノを置いて10カ月がたちます。

3歳から18歳まで15年間習っていたクラシックピアノですが

18歳を最後にピアノを弾くことはなくなりました。

クライアントのピアノの先生のご自宅にはいつもグランドピアノ

がド-ンと構えておりそれがひとつのオブジェとなり尊大な

雰囲気を醸し出しておりました。

それが確定申告が終わり訪問したところあのツヤツヤと何とも

いえない黒光りしていたグランドピアノがお手軽なグラビノ-バ

と化していたのです。「ええ~ええ~!!グランドピアノは・・!!??」

「浜口先生、クラシックピアノがいらなくなったんです。中学校の教師に

転向し、弾き語りができるピアノが必要になったんで思い切って買い替え

ました。でも、とても機能的で素晴らしい音色。もちろん見栄えはグランド

ピアノがいいけどグラビノ-バでも十分弾けるんですよー。たとえばね、

これ〈手紙~拝啓十五の君へ〉」 ピアノの先生:ひきがたり ♪~♪~ 

私:一緒に歌う ♪~♪~

なんと楽しい。 

「でね、いきものがかりの 〈YELL〉」 ピアノの先生:ひきがたり ♪~♪~

私:この歌知らないから聞くも弾いてみたくなる。

とても気分がいい。

そして、ピアノの先生に寝屋川駅前の大東楽器を即紹介していただき

3月にグラビノ-バを購入しました。

それからは仕事終わりに時間があるとき弾いてみるのですが、15年間

習っていたあの指はどこへいったのやら、もつれてもつれてスラスラ

弾けずにストレスのたまることたまること。

でも音楽はやはり素晴らしい!!

すこしづつでも上達しいつか弾き語りのまねごとができるくらい

になった時、初級編としてまたここにご報告いたします♪

枚方市駅前 アトリエ MAY(メイ) のお姉さん

アトリエMAYのお姉さん塩田さんには、いつも癒しの空間を用意していただいています。

税理士・弁護士・司法書士仲間の勉強会の場であり、セミナ-の場であり、作品鑑賞の

場であったり私とお姉さんの会話の場であったり いろいろな空間です。

「和」をテ-マにしたその空間にはウドの葦という和紙を使用した作品が数々展示して

あります。その他私もよく和ませいただいてる京都の女性が作っている和のアクセサリ-

の数々を楽しむことができます。

その空間では塩田さんと 生き方について深~イ話を展開するのですがよく「そうそう、

わかるわかる」と意見が一致することが非常に多いのです。 

何十年も全く違う場所で全く違う人生を歩んできたはずなのに同じ環境にいたかのよう

に相手のことがわかるっていうことに不思議を感じます。

が、ひょっとしたら塩田さんが私に合わせてくださっているのかもしれないですね。

枚方市駅から1分サティ交差点手前豊田ビル2F一度のぞいてみてください。

Home > アーカイブ > 2010-11

アーカイブ