Home > アーカイブ > 2010-04

2010-04

正しいゴ-ルデンウィ-クの過ごし方

「今、海外でバカンス中なんです…」クライアントの方から国際電話をいただきました。

なんと10日間!「なかなかやるなぁ~。」と言葉をかえし「じゃあ、今はお仕事の話は

できないですね。ごゆっくりなさってください!」と電話をおきました。

ゴ-ルデンウィ-クの海外旅行者は昨年より3%増とか。絶対全体が不況ではない。

確実にバブルな人はいるのです。

お金は使わないと経済は循環しません。自分のための投資も必要ですし家族のための

サ-ビス費用も必要です。ゴ-ルデンウィ-クはリフレッシュの意味も含めて日本経済

を動かす大きな役割を持っています。

ゴ-ルデンウィ-ク中何かひとつでも経済を循環させてみませんか?

ところで私のゴ-ルデンウィ-クは☆仕事三昧☆ 

私に高額で人がいっぱいのこの時期に旅行に行かせない3月決算バンザイ!!  

??これは経済を循環させているのか??

明日も来週月曜も火曜も・・・通常通り営業いたしております。

ハッピ-リタイアメント

浅田次郎の「ハッピ-リタイアメント」という小説を読みました。

お役所の役人が定年を迎えて天下りした先にあったものは・・・という展開で始まるわけですが

日本は圧倒的にサラリ-マンが多いのはもちろんうち公務員さんがほんとに多いと感じます。

一部の公務員さんには天下り先という定年後の就職先が用意されておりまたそこでお給料と退職金が

もらえるしくみになっています。

最近ではそれをやめて定年年齢を繰り延べ65歳にするという方向に向かっているようです。

「ハッピ-リタイアメント」では天下りをとても楽しげな文章でありえないような表現で書かれ

てますが真のハッピ-リタイアメントとは 『自分で探すもので誰かに与えられるものではない』

ということを訴えているのではないかと感じました。

民主党の事業仕分け第2弾が今日から始まりました。

本当にいらない国の補助事業や役人の天下りが切り捨てられているのかどうかみんなで見てみましょう!

それにしても発言に無駄のない蓮舫かっこいい!!

税理士ハマグチナルミの視点!

今日から始まりました。『ハマちゃんのミカタ』と題しました。女性税理士から見た様々な出来事や現在私が考えていることをお伝えしていくペ-ジです。

ブログといえば自分が今日何をしたかなど本来のHPと離れたところでを一方的に書き込んでるイメ-ジがあります。

私はあくまで仕事に関する税務や経済に関わる事柄を記していこうと思っています。 

しかしながら不定期ですので毎日書くか1カ月空いてしまうのかは不明です。

女性税理士はようやく1割くらいに増えましたが税理士業界はまだまだ男性社会。

税理士会の研修会などに出席いたしますとなんと年配の男性先生が多いことか。

なんせ税理士の平均年齢は63歳といわれていますからまさしく見たまんまなんでしょう。

世間では通常は60歳定年、延長して65歳になりつつありますが多くの企業では60歳を退職の目途に

50歳後半から早期退職を募ってる状態。それが税理士は60歳ではまだまだバリバリ現役先生で仕事をしています。

果たしていくつまで現役先生で働けるのでしょうか?

答えは一生です!税理士会費を払い続ける限り一生現役です。そう考えるとさて、私は...まだ数十年できるということです!

私の顧問先の皆様どうか長~いおつきあいをなにとぞよろしくお願いいたします!!

Home > アーカイブ > 2010-04

アーカイブ